小児歯科

茅ヶ崎,歯科,歯医者,小児歯科

乳歯だからといって、軽く考えてはいけません。乳歯の虫歯を放置すると、永久歯にも悪い影響をあたえたり、歯ならびも悪くなります。
こどもさんの歯は虫歯になると進行が早く、痛みも少ないため6ヶ月程度で神経の近くまですすんでしまいます。
定期的に検診を受け、早期に発見し治療をおこなったり、フッ素塗布やシーラントなどもおこなうといいでしょう。


よくある質問

Q : いつから通うことができますか?
A : 当医院には小児歯科の認定医もおります。歯の生える前の小さなお子さんでも、何かお口に関する不安や相談がありましたらご来院ください。当医院ではお子さんの、小さな頃からお口の定期的な管理をさせていただいています。
 
Q : フッ素はいつから塗るといいですか?
A : 歯が生えてきたら可能です。
フッ素は一度塗ったら虫歯にならないわけではありません。定期的なフッ素塗布&ご自宅での管理が虫歯を作らないための効果的なケアです。


Q : 怖がりな子供も治療ができますか?
A : 緊急性を要する治療は別ですが、泣いて治療が出来ない場合には慣れるまでに数回通っていただいております。
器具を触ったり、お話しながら徐々に練習しながら治療に入っていきます。多くのお子さんがこのような流れで慣れて通えるようになっています。